« 音楽の秋 | トップページ | CCCD終了へ »

2004.09.27

いつもヲタ話ばかりではなく・・・

元の記事はこっちを自分で見るように。

毎回ヲタ話ばかりでもなんなんで・・・たまにはまじめ・・に見せかけた無駄話でも(だめじゃん)
今の日本では憲法修正に関して色々な人間が色々なことをいっている。
公共の福祉を強化して個人の権利を規制しようと言う物から
もっと個人の人権を強化しようと言う物まで。


そして不思議なことにこの矛盾することを山崎拓という人物は
一人で両方やろうと主張している。
まあ以前は公共の福祉を強化しようと言ってて心境の変化でもあったのかもしれないけど。
よくよく読んでいくと結局公共の福祉の強化に向かいたいのがちょっと分かる。

憲法の修正は必要だろう。最初に出来てから60年だ。
附則があちこちにあって訳が分からなくなっているし。
まずはそれをすっきりさせて欲しい物だが・・。
個人的にはもっと個人の権利を強化して欲しいけどね。
どうも年寄りの政治家の中には憲法を改正して


日本人に「滅私奉公」をさせようとしているグループがいて
一体俺たちに何をやらせたいんだ?とかなり疑心暗鬼に陥らせてくれる人も多い。
まだ戦争をやり足りないのか?
どうも日本という国家は国民に対しては「消耗品」という意識を持っているような気がする。
戦争中もその意識の表れが赤紙なんだろうけど
そんな連中が制定した新憲法なんかよりは欠陥だらけでも今の憲法の方がましかなんて思う。

だいたい国連の常任理事国になるのに憲法の改正が(特に9条)必要みたいだけど
常任理事国になったにしても拒否権はないんだから
だったら国連への関与を薄めた方が日本のためにいいんじゃないの?
今だって責任分以上の金と人を提供してるのに
連中はぐだぐだ文句を言うだけで「日本は金出せ」と言ってるんだから。

そんな連中のために日本の憲法はかえる必要はない。
変えるのだったら日本のために変えるべきだろ。
日本の憲法なんだから。

そういえば首相を公選制にするという話はどうなったんだ?
口先だけの首相というのも困った物だねぇ。

|

« 音楽の秋 | トップページ | CCCD終了へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3014/1531145

この記事へのトラックバック一覧です: いつもヲタ話ばかりではなく・・・:

« 音楽の秋 | トップページ | CCCD終了へ »