« なんだよ、今月のガンダムAは | トップページ | 実寸大ボトムズ »

2005.04.28

我らのJASRACがまたやってくれた

音楽を聴いていると著作権という物を避けて通ることは出来ない。
と言うわけで俺やこのブログを読んでいるあなたが好きな歌手の音楽を聴くと
直接、間接的にその曲の作者(または功績のあった人物、団体)に
お金が払われることになる。

CDを買えばCDの料金から、
ラジオをやテレビで聴いていたのなら(見たのなら)大抵はスポンサーが
そしてレンタルCDを借りればレンタル屋さんが著作権料を支払っている。
なのだが世の中には「必要がないのに」払っている著作権料。と言う物が存在する。
音楽用の生CDやテープ、テレビ録画用DVDだ。
補償金という名目で支払われているのだが
そもそもすでに自分ではCDを買うなどしてすでに支払い済みなのに
音楽用CDを買ってしまうと補償金を取られる。つまり料金の二重取り。
なのでCDをMP3に変換して焼くときはデータ用を使うことになる。
ところが我らがJASRACは今度は世の中のHDDやミュージックプレーヤーからも
全て補償金をのせて金を払えと言い出した。
俺はCDは全部自腹で買っているからこれだと料金を倍近く払うことになる。

ちなみにJASRACのお仕事は本来は様々な団体、個人から徴収した著作権料を
正しく著作権者、著作隣接権者に配分すること。
しかし元記事にあるとおり、すでにこの役目を果たす団体としては破綻している状態にある。(またその配分割合が正しいのかということの検証もなされていない)

最近のJASRACの仕事は無関係な場所からの著作権料の徴収、
音楽のダウンロード販売の阻止など首をかしげるようなことも多い。
また、改正著作権法を推し進めたのもこの団体。

どうにかしてこの団体の活動を阻止する方法があればいいのだけど
すでに文化庁の天下り団体としての機能が拡大しており
その給料を捻出するためにはどんな手段を使っても収入を拡大しなければならない。

また、ソニーやパナソニック、ケンウッドなどのシリコン/HDDプレーヤーが
妙に使いづらいのもJASRACがiPOD並の操作性を嫌っているから。
使いやすいミュージックプレーヤーは違法コピーを蔓延させるのだそうだ。

本来の著作権料の正しい徴収と配分という役目を果たさないで
著作権団体を名乗られてもね・・・

|

« なんだよ、今月のガンダムAは | トップページ | 実寸大ボトムズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3014/3899274

この記事へのトラックバック一覧です: 我らのJASRACがまたやってくれた:

» 法制問題小委#3 ──討議内容より、むしろ その注目度こそ興味深い [試される。(ココログ mix)]
 文化審議会 著作権分科会 法制問題小委員会の第3回が 4月28日 に開かれた。 [続きを読む]

受信: 2005.04.29 06:09

« なんだよ、今月のガンダムAは | トップページ | 実寸大ボトムズ »