« 日経絶好調 | トップページ | 中国人観光客が大量に・・・ »

2005.11.27

はやぶさ、ミッションコンプリート

日本が2年前に打ち上げた人工衛星、はやぶさが小惑星イトカワから表面の砂を採取するという偉業を成し遂げました。
いや・・・実はまだコンプリートではなくて地球に戻ってくるというなんだか宇宙戦艦ヤマトのアンドロメダからの帰還ような任務も残っている訳ですが。

天文少年だった僕にとっては思わず注目してしまうニュースでした。
そして日本の宇宙開発はやはり金が無いんだなぁと実感させられる画像がこちら
30年くらい前に千葉県で宇宙博覧会というものがやっていたときに見に行ったことがあったのですがそのときにみたアポロ11号の巨大な姿と日本のちっちゃいロケットの差に子供心にショックを受けたのですが今でもやはり日本の宇宙開発は金がない。
一般人からの寄付くらい受付出来ないのかね・・・。 

ひまわりの代替機の運行をしているときも
「何で日本は速やかに打ち上げないのか?、バックアップ機を用意しないのか?」
等とオーストラリアあたりから叩かれた訳ですがだからといって予算を補充しないのが日本政府。
日本の政治家達は自分達に献金が入らないとなると徹底的に無視しますがこれは未来永劫に変わらないでしょう。

それと、ココログ内にもの凄くよく解説してくれている人のblogを見つけたのですがこの方は関係者っぽいですね。

今ははやぶさは姿勢を崩しちゃってるみたいだけど大丈夫なんだろうか。

姿勢を戻してから帰還軌道に乗せるのには後数日かかるようで会社で仕事している最中にまた新しいニュースが飛び込んで来るんだろうか。
帰還軌道に乗ってしまったら多分一般のメディアは忘れてしまうから次に話題になるのはきっと2年後の砂を納めたカプセルの回収の時。
その後、砂の分析にさらに数年。一体俺はその時何歳になってるんだろう。
宇宙開発関連というのはとにかくスケールがでかくて数年、数十年単位で物事が進んでいく。
きっとその間に人員交代なんかもあるんだろう。プロジェクトを途中で外れて行った人はどんなふうにその後を見守るんだろう。
定年退職してからも研究所に入り浸っちゃったりしたりする人も居るんだろうか。

多分俺の生きているうちにはヤマトや999のような世界はこないんだろうけどやっぱりたまにはロマンはいいものですよ。

久しぶりにカメラや望遠鏡を引っ張り出したい気分だ。

|

« 日経絶好調 | トップページ | 中国人観光客が大量に・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3014/7336116

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ、ミッションコンプリート:

» 「はやぶさ」大快挙の時に【妻】 [鬱々夫婦の日記]
中国で11月26日に有人宇宙飛行が成功した事を盛大に祝ったそうだ。 クルクルっと地球を77回って、ポトンと砂漠に落ちた、あの「神舟6号」のお祝いだそうです。 (ポトンと「北の将軍様」の上に落ちればいいのにと密かに思っていたのですが・・・。) TV報道を視る限り、出... [続きを読む]

受信: 2005.11.27 03:44

« 日経絶好調 | トップページ | 中国人観光客が大量に・・・ »