« Deep Purple 東京国際フォーラム | トップページ | 中野ブロードウェイにアソビットシティが・・・ »

2006.05.26

日本のデジタルテレビはお先真っ暗

もともとお先真っ暗な日本のデジタルテレビだけどマイクロソフトのセッションでかなり他国との乖離が世界的にばれてしまったらしい。
特に最悪なのが「標準化団体が複数ある」「どこに話を持っていけばいいかわからない」あたりかなぁ。
うちはまだデジタルテレビを入れてないんだけど(お金ないし)チューナーにB-CASと呼ばれる変なカードが必須らしい。

んで、チューナーを買い換えるときにはそのカードを紛失してはいけないそうだ。
何でそんな面倒くさいことをさせたがるのかな。
テレビなんてスイッチを入れたらとりあえず映らないと役に立たないように思うんだけどデジタルテレビを買った人ってそういうのに慣れてるの?
でかいテレビがあってもカードがないと見れないんだったらテレビを買ってもしょうがないような。
ちなみに日本は世界一著作権管理が厳しくて自分で録画したテレビ番組をDVDに録画すると元のファイルが消失してしまう。
つまりはテレビ局にとっては「録画しないとテレビを見る時間が取れないやつはテレビを見る資格は無い」ということなんだろう。

俺は仕事が忙しいからたぶんアナログが停波したら一生テレビを見る機会がなくなるだろう。
失業したらテレビを見る時間を取れるだろうけどテレビを買い換える金なんかないし。

勝ち組の人はがんばって日本のテレビ業界を支えてあげてください。

|

« Deep Purple 東京国際フォーラム | トップページ | 中野ブロードウェイにアソビットシティが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3014/10234510

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のデジタルテレビはお先真っ暗:

« Deep Purple 東京国際フォーラム | トップページ | 中野ブロードウェイにアソビットシティが・・・ »