« タイニムファ | トップページ | マーティ・フリードマンとかポール・ギルバートとかニューアルバム »

2006.06.16

日本の音楽は先行き暗い・・・

最近JASRAC関連の記事があちこちで目立ってきた。
音楽著作権“利権者”たちの変わらぬ想い  
「補償金もDRMも必要ない」――音楽家 平沢進氏の提言
等・・・って2件だけか。
まあ・・・JASRACは相変わらず著作権料を取り続けるしその著作権料は著作権者にわたるよりも著作隣接権を持つレコード会社とJASRAC自体がほとんど持って行ってしまって、残りカスしか著作権者にしかわたらない・・・等日本で音楽をやる人間にに向かって
もうやめたら?」と言いたくなるようなことばかり。

実際カラオケで歌っても著作権料はその人の元にはわたらず単に「部屋数」「椅子の数」を基準にきめられていて歌われた回数なんて関係ないって知ってた?
愛の告白を歌ってもオリビア・ニュートンジョンには金はわたらないしスリラーを歌ってもマイケル・ジャクソンにも金はわたらない。
JASRACが持って行ってしまう。
配分率もよくわからないまま。
要は変な連中が持って行くだけで俺たちが払った金は変な人たちの飲み代に使われてしまっている。
日本のミュージシャンはこんな状況でよくやってるよ。本当に。
でも応援しようと思ってもその人たちに金はわたらないんだけどね。
どうすりゃいいんだろ。
iPosに課金しろとかPCのハードディスクに課金しろなんて言い出してる馬鹿どもは早く死なないかな。





|

« タイニムファ | トップページ | マーティ・フリードマンとかポール・ギルバートとかニューアルバム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3014/10542828

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の音楽は先行き暗い・・・:

« タイニムファ | トップページ | マーティ・フリードマンとかポール・ギルバートとかニューアルバム »