« IL DIVO追加公演、ビヨンセ来日 | トップページ | Evanescenceチケットのおまけ »

2006.12.14

Winny開発者に有罪判決

日本の司法界が馬鹿だということを図らずも暴露してしまった。
それ以前に警察が(今回は京都府警)適当にでっち上げた犯罪が
裁判では何も問題にならず有罪になってしまったというのが本当に恐ろしい。

この裁判、俺みたいなソフト開発者にとっては何より恐ろしい判決だ。

たとえばの話客から似たようなソフトの制作を依頼されて
それを作って、そのソフトを誰かが面白い使用方法を発見したとする。

そしてその方法で大多数の人間が違法行為を働いてしまったら
俺まで犯罪者になってしまうのだ(一応アリバイ的に穴つぶしはやるけど、面白い使用方法というのはそこに需要があるということでもある)

Winnyの開発者はある程度確信犯的にやったのかもしれないが
これを有罪なんてしたら面白いソフトの開発自体が止まってしまう。
そもそもP2Pが無いと将来、人気のあるサーバ死んじゃうよ。
負荷分散機能を一番わかりやすく実装した凄く面白いソフトなのに。

それにWinnyだけではない、世界中で開発されているファイル共有ソフトやその類似ソフト(最近はメッセンジャーやブラウザだって似たような機能は持っている)の開発者は日本に入国したら犯罪者として追われてしまうのか。
Operaなんて最新版はBitTorrentを搭載していたりするのに。

ファイル転送ソフトなんていうのは特に目新しいソフトウェアではなく
Winnyは使いやすくしただけでもある。
そのあげくに開発者が逮捕・・・ということは日本はもうソフトウェア開発ではついていくことは他国に絶対に不可能になる。
便利な技術を使いやすくしたら逮捕。やってられないよ。(むろんそんな需要にフィットするようなソフトを俺が作れるとは思わないけどさ・・・)

だいたい警察(しかも逮捕に踏み切った京都府警自身が・・・そして不問に付されている)や自衛隊だってWinnyを散々使い倒して情報流出させまくっているのになぜそのような使用者には何も罰がないままにいきなり制作者が逮捕されるのか。

使用者をどこの団体も追求しようとしないのはなぜなのか。
変なことばかりだ。

|

« IL DIVO追加公演、ビヨンセ来日 | トップページ | Evanescenceチケットのおまけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3014/13060993

この記事へのトラックバック一覧です: Winny開発者に有罪判決:

« IL DIVO追加公演、ビヨンセ来日 | トップページ | Evanescenceチケットのおまけ »