« なぜにここまで無能??? | トップページ | Super Aguri F1撤退 »

2008.05.11

二井原実 神楽坂

土曜は神楽坂のExplotionというライブハウスに二井原実のソロライブを見に行ってきた。
ギターには前回のソロから引き続きの田川と、小畑というギタリスト。
そしてベースにはSLY時代からの付き合いっぽい寺沢こういち、
ドラマーには元爆風スランプで今はXYZ->Aのドラマーのファンキー末吉。
そして三人のHPの一般公募で集められたオッサンコーラス隊。(一人はなんとゴスペル歌手)

これがまた狭いところで、ちょっと遅れて会場に着いたんだけど俺よりあとに到着した人は通路にはみ出していた。

一曲目は懐かしのThis Lony Hart.。本家ラウドネスでは二度と聴けないナンバーだ。
相変わらず田川、すげーなぁ。
なんて・・・・実は後ろの方からだったから何やってるかよくわからなかった。
ただ、小畑の方は演奏ミスがちょっと酷かった。

本家でも滅多にやらないNight Beastとか昔からのラウドネスファンならたっぷり楽しめる曲ばかりで、しかも二井原、ラウドネスで歌ってるよりも声が出ているような・・・。

デッドチャップリンからSo Far Awayとかやってたかな。
SLYからはDream Of Dustだったかな。Dont Think Buy More!!!って叫ぶ曲。
寺沢がせっかくいるんだからもうちょっとSLYの曲が多くても良かった気もする。

Let It Goでは突拍子もないギターの音が出てたけど、あれは小畑だったのか。
田川の点字の話では「ビールにはちゃんとキリンとか商品名の書いた点字がついてますよ」なんて話が。
彼は酒が飲めないのだそうだ。なのでいたずらを仕掛けるんだけど、缶にはちゃんと点字で判るようになってる仕組み。
俺も酒は飲めないけど、それは知らなかった。臭い嗅いだら一発でわかるけどね。

それと最前列は女性陣が陣取っていたようで、「素晴らしい谷間だなぁ」と二井原しきり。

Strikes Of SwordやEsperあたりはさすがにバテてきたのか(二井原曰く、ステージ上は酸素がない)声が苦しそう。
と言うか客席も酸欠っすよ。

ちなみに、アンコールに行くときに非常に間抜けな自体が・・・。
本当はいっぺんステージから引っ込むはずなんだけど
楽屋に行くのに客席を突っ切る構造のライブなハウス」なために
楽屋に引っ込まずにそのまま「はい。アリガト」とステージ上で、アンコール開始。
一発目はロックンロール・ジプシー。
いきなり歌詞を間違えるのはご愛敬。オッサンコーラス隊は固まってたけど。
つーか、またもやギターから突拍子もない音が・・。

続いて、夢ファンタジー、So Lonlyと続き、
オーラスはこれまた懐かしの、Take Me Home。
この頃の曲って本当にパワーがあるなぁ。

ラウドネスでも昔の曲みたいのやってくれよ。

|

« なぜにここまで無能??? | トップページ | Super Aguri F1撤退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3014/41173573

この記事へのトラックバック一覧です: 二井原実 神楽坂:

« なぜにここまで無能??? | トップページ | Super Aguri F1撤退 »