« Chinse Democracy(中国民主化)に見事に乗ってくる中国人 | トップページ | 時計のバンド »

2008.11.27

廃盤CDを再発売して欲しいとき

最近、もの凄い勢いで、発売されるCDがカタログから消えていく

音楽が本当に消耗品になったのだなぁ。違法ダウンロードを指摘する声もあるけどむろんそれだけの訳が無く。 昔と違って、みんないろんなことにお金を使ってるのですよ。

携帯電話、PC、高騰するコンサートチケット・・・そしてデフレにより実質賃金の減少。

音楽への支出はは当然のことながら、優先順位が下がり続ける。

それと、異様に高い日本のCDの価格設定。所得が減少してるのに、価格据え置きじゃ買えるわけ無いじゃん。

で、廃盤になってから「しまった」と公開するわけ。

まあそんな中、コロンビアが廃盤を受注生産で発売するサービスを始めるという。 ぶっちゃけ、原盤を持ってるところがCD-Rに焼いて発売というのは今までいろんなところが挑戦して屍を築いているわけだけど・・・。

それはそれとして、こういうのはぜひもっとやって欲しい。

受注サイトはここ

うまくいくんかねぇ。

ちなみに、今リストアップされているのは「榊原郁恵」ほぼみんな榊原郁恵。

まあ軌道に乗って色々買えるようになってくれると嬉しい。
コロンビアが運営しているので、よその音源は無理かなぁ。どこの音源でも扱えるようにしてくれ・・・

|

« Chinse Democracy(中国民主化)に見事に乗ってくる中国人 | トップページ | 時計のバンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3014/43238663

この記事へのトラックバック一覧です: 廃盤CDを再発売して欲しいとき:

« Chinse Democracy(中国民主化)に見事に乗ってくる中国人 | トップページ | 時計のバンド »