« 魂ネイション 2009 | トップページ | ポール・ウェラー »

2009.03.29

PIE/Phot Imaging Expo


フォトイメージングエキスポに行ってきた。今年は事前登録をしていたら入場無料。 そんなわけで事前登録をしてからGO。

入口の一番いいところで人をかき集めていたのは、パナソニック。特にHD画質で動画をAF撮影できるというのはインパクトが強いらしく、凄い人だかり

モニター販売もあるみたいだけどさすがにいきなりは買えない。

ソニーはなぜかワールドカップのスポンサー。

やる気があるんだか無いんだか・・・。カメラの貸し出しサービスをやっててみんな借りまくってた。

夏になったら場合によってはブレイクしそうな、オリンパスのマイクロフォーサーズカメラ。 これでもレンズ交換式なんだそうで。まじですか。隣に、カバーだけ掛けられた状態のもあったけど、そっちはどうでもいいかなぁ。このフォルムでレンズ交換式というのが凄い・・・・気がする。

お金持ちにはぜひ買って欲しいレンズ。シグマの超巨大レンズ。


焦点距離は200-500mm。F2.8


テレコンバーターをつけたら400-1000mm/F5.6。 価格は250万円。
プロのカメラマンが経費で買うんだろうけど・・・三脚もかなりごついのを使っていて、手で取り回すのは無理そう。

どこのブースだかは忘れたけど撮影会をしていた。ズームで後ろの方から撮ったけど、誰だかさっぱり・・。

やる気のない幹部連中がブースでたむろしていたケンコーは(質問しようとしたら「私は説明員ではないので・・・」とか言われて逃げられた)テレコンバーターを何種類か。

1.4倍と2倍の、それぞれ標準レンズ用と望遠レンズ用。exif情報も正しく取ってこれるようになるそうだ。 この古いタイプの持ってるけど、確かに元のレンズの情報を載せちゃうのって変だもんな。

ブランド消滅の危機にあるペンタックスが645Dという大判カメラのモックを展示していた。これ、ずいぶん前から出す/出さないで出したり引っ込めたりしてるけどいつになったら実際の商品が出てくるんだろう。
実際に商品として出てきても個人で買うやつはいないとは思うけど・・・。もう諦めちゃったのかな。

後はまあ有名人の写真展とか・・・。

写真を撮らなかったけど、ニッシンの新しいストロボ(Di866)はいい感じ。 このストロボ、デジカメ専用というわけではなくて、俺の持ってる古いフィルムタイプのニコンにも「全然平気ですよ」とのこと。こりゃまた嬉しいことを。
最近発売されるの、みんなデジタル専用だったもんなぁ。 かなり丁寧に質問してもらって(後から記者会見の写真見たら俺に説明をしてくれた人・・・社長っぽいんだけど・・・・)なかなか変な機能も発見。
マニュアルモードで、レンズの焦点距離を全く無視して発光パターンを設定できたりする。 35mmレンズを使って、ストロボには150mmのレンズがついていると認識させて、中央部だけを目立たせるとかするんだろうけど、さすがに俺にはいらん機能だ。
背面液晶が見やすくていい感じ。これからはストロボもこうなるんかね。

カメラ好きにはいいイベントだけど、ニコンの新製品がないので暇だったのと、途中でフィルターを割ってしまうアクシデント発生。フィルターを割ったのなんて初めてだ。

|

« 魂ネイション 2009 | トップページ | ポール・ウェラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3014/44496561

この記事へのトラックバック一覧です: PIE/Phot Imaging Expo:

« 魂ネイション 2009 | トップページ | ポール・ウェラー »