« プログレッシヴ・ロック・フェス 2010 | トップページ | 鳩山由紀夫さんはさっさと入院してくれ »

2010.05.23

口蹄疫・専門家の派遣を断る

ちょっと驚くべきニュースが。
毎日新聞の英語版なのですが、日本政府がFAOからの専門家の派遣を断ったと記事になっています。

ちょっと引用ですが・・・

Gov't to compensate farmers for losses due to foot-and-mouth disease TOKYO (Kyodo) -- The farm ministry on Friday unveiled the government's additional measures over the foot-and-mouth disease outbreak in Miyazaki Prefecture to compensate farmers for slaughtered cows and pigs at market values, rather than uniform rates as initially planned.

The government will also shoulder the cost of feed for the domesticated animals until their slaughter. In Saito, Miyazaki, a cow suspected to be infected with the disease was found at a farm, the municipal office said. If the infection is confirmed in tests, it means the disease has spread to two cities and four towns in the prefecture.
The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries also decided to pay farmers 59,000 yen for each slaughtered cow as financial support for them until resumption of their operations and to pay farmers for rents of land lots used to bury the slaughtered livestock.
Farmers will also receive the state subsidy to lease cows and pigs when they restart their work.
While farm minister Hirotaka Akamatsu told a press conference Friday morning that he would like to begin vaccination on the same day, senior vice farm minister Masahiko Yamada said in Miyazaki that it would be difficult to start it Friday as no agreement has been reached with the local authorities.
Meanwhile, the Japanese government has declined a proposal by the U.N. Food and Agriculture Organization to send an expert team to contain the escalating infection in Miyazaki. Japan told the Rome-based FAO through the Japanese Embassy there that Japan would like to continue taking proper advice from FAO.
口蹄疫による損失を農業者に補償する政府 東京(共同)--
農場省は、金曜日に初めは計画されているとして定率よりむしろ市場価格で虐殺している牛とブタを農業者に補償する宮崎県での口蹄疫の大発生の政府の追加措置を公開しました。
また、政府は家畜のために彼らの虐殺まで給送の費用を負担するでしょう。 斉藤、宮崎では、病気に感染するように疑われた牛が、農場で見つけられました、と市役所が言いました。
感染がテストで確認されるなら、それは、病気が県の2つの都市と4つの町に広まったことを意味します。 また、農林水産省は、財政的であるとしてのそれぞれの虐殺している牛あたり5万9000円がそれらのために彼らの操作の再開まで支持する農業者に支払って、虐殺している家畜を埋めるのに使用される土地の使用料で農業者に支払うと決めました。 また、農業者は、彼らの仕事を再開するとき、牛とブタを賃貸するために国庫補助金を受けるでしょう。

農場の大臣Hirotaka Akamatsuは、彼がその日のうちにワクチン接種を始めたがっている朝金曜日に年上の副の農場の大臣のMasahiko山田が、宮崎で金曜日にそれを始めるのが難しいと言ったと記者会見の記者団に言いましたが、地方公共団体で、合意に達していません。
その間、日本の政府は、宮崎に増大感染を保管するために専門家チームを送るために国連食糧農業機関で申し込みを謝絶しました。
日本は、そこで日本が、FAOから適切な忠告を聞き続けたいと日本の大使館を通るローマベースのFAOに言いました。

何で断っちゃうんだ・・・
阪神淡路大震災の時も、村山政権がアメリカが空母を病院船として解放するのを断ったり、派遣された救助犬を検疫を理由に現場に投入しないようにしてたけど、やっぱりそのときと同じで、わざと断ったんだろうか。
あのときは、災害史援用の道路に一般車を突っ込んで、自衛隊や緊急車両がわざと被災地に到達出来ないようにしたんだよな・・・

というか、この記事、ねた元が共同通信で毎日新聞の英語版には載ってるけど、なぜか毎日新聞の国内版には見あたらない。
他の新聞もまだ配信してないみたいだし。
結局国内は検閲するってことか?

何でもいいから民主党政府はとっとと仕事してくれよ・・・早く赤松口蹄疫を収束させてくれ

|

« プログレッシヴ・ロック・フェス 2010 | トップページ | 鳩山由紀夫さんはさっさと入院してくれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3014/48440892

この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・専門家の派遣を断る:

« プログレッシヴ・ロック・フェス 2010 | トップページ | 鳩山由紀夫さんはさっさと入院してくれ »